ブリジストンTS100のインプレッション・比較(MT-07タイヤ交換)

インプレッション

BRIDGESTONE(ブリジストン)TS100とS20EVOや他タイヤを比較

MT-07の15040Kでタイヤ交換しました。PIRELLI DIABLO ROSSO2(ピレリ ディアブロ・ロッソⅡ)からBRIDGESTONE(ブリジストン)TS100に交換です。

TS100は通勤、通学などの日常使用からワイディング・ツーリングを楽しめる基本性能を持ちお得な価格設定のタイヤです。

TS100はタイヤパターンはS20EVOを踏襲しているのに、スポーツタイヤではなくツーリングスポーツという位置づけで良く判らないタイヤなので、S20EVOからコンパウンド等変更して性能等が違うのか?ブリジストンに問い合わせしてみました。

以下、回答から抜粋です。走行距離が少なくて元気に走れてツーリングにも使う人向けって感じみたいです。性能はS20EVOと同じのようなので元気に走ったり、ハンドリングと言う面ではスポーティに行けそうなタイヤです。

TS100は、好評をいただいたS20EVOのパタンを踏襲して企画した商品です。
性能の位置づけに関しましては、S20EVOと同じとお考え頂ければと思います。

TS100は年間走行距離が少なく(年間3,000km程度)、スポーツ走行からツーリング
など幅広いシーンで走行を楽しまれるお客様(スポーツ、ワインディング路走行、ロング
ツーリングなど特定の走行に特化しないお客様)向けの商品で、高い基本性能を備えた
ベーシックなラジアルタイヤとして販売しております。

S20EVOはスポーツレンジの商品でしたが、TS100は上記のように、幅広いシーンで
走行を楽しまれるお客様向けの商品として、異なるポジションであることをご理解頂くために、
ネーミングを替えています。

DRYハンドリング/グリップ性能はS21に次いで良好ですが、WET性能はT31、T30EVO、
BT-023のほうが良好です。

また、摩耗性能については純粋なツーリングタイヤである、T31やT30EVO、BT-023より
劣りますので、ロングツーリングをメインに走行される場合は、T31やT30EVO、BT-023
などを選択頂ければと思います。

TS100は、前述のように、年間走行距離の少ないお客様向けの商品となります。

BRIDGESTONE(ブリジストン)TS100

 

ブリジストンTS100とS21,S22を比較

ブリジストンからの回答でTS100がS20EVO性能は同じと回答頂いたので、S20EVO(TS100)と、その後のタイヤの性能比較です。

S21では主にドライグリップやドライのハンドリングが向上しているようです。ウェットは多少違うかもですが、ほぼ同等ですかね。

S22になるとS21からWET/DRYも向上しているようです。こうなるとTS100は現行スポーツタイヤよりドライグリップやハンドリング面で劣るので、ちょうどスポーツツーリングくらいの位置づけになるんでしょうね。

TS100(S20EVO)とS21比較S22とS21比較

 

ブリジストンTS100の製造年

S21が発売されたのが2015/11ですので、TS100は2015年当時までのスポーツタイヤ(S20EVO)を流用して、TS100と別のネーミングを付けて2017/02に発売を開始したスポーツツーリングタイヤがTS100なのかな?と理解しましたが、もちろん2017/02に発売開始した商品なのでS20EVOと違い製造年は新しいものですので、お安く気軽なスポーツタイヤを手に入れたい人には良い狙いのタイヤです。

自分が2りん館で購入したタイヤの製造年週はフロント2018年46週(2018の年末)製造、リヤ2019年08週(2019年2月)製造くらいのタイヤでした。個人的には1年落ちくらいなら、あまり気にせず購入してます。

ブリジストンTS100の製造年

 

ブリジストンTS100の製造国

ブリジストンTS100の製造国ですが前後タイヤ共にMade in Japanです。安くても国産ですので安心です。

ブリジストンTS100の製造国

 

ブリジストンTS100のインプレッション

ブリジストンTS100のインプレッションです。まだ100Kちょっとしか走行してないですが街乗り、ハーフウエット、ショートツーリング、ワインディング、高速と一通り走ってきました。

ちょっとスポーティーに走れて街乗りやツーリングを主に走る人にはいいタイヤだと思います。(本格的にロングツーリングする人には摩耗的に向かないと思いますが。)

前履いていたROSSO2(だいぶ使い込んでたので厳密に新品同士の比較ではないです記憶で)との比較になりますすが、ワインディングを走った感じだとハンドリングはROSSO2の方が、前後タイヤ共にパターンと倒れて軽く曲がって行ける気がします。TS100はフロントは倒れるんですが、リヤは落ち着いて0.5テンポくらいゆっくりROSSO2より付いてくる気がします。いたって素直なハンドリングに感じます。一次旋回も悪くないし、二次旋回でアクセル開けてもそこそこ曲がってくれるので楽しく走れます。ただ切り返しとかはROSS2の方が楽だったような気がしてます。タイヤから伝わるグリップ感とかはROSS2より判りやすいので、安心して楽しく走れるタイヤで気に入りました。自分レベルだとドライグリップは十分に感じてます。

MT-07でブリジストンTS100のインプレッション

 

ツーリングペースで走ってると、ROSSO2よりクッションよさそうです。黄色いゼブラとか踏んで曲がるときも良い感じにタイヤが吸収してくれてアウトに弾かれない感じです。乗り心地が良いタイヤでないかもしれませんがROSSO2よりは良い感じに潰れてくれる気がします。UPDOWNの激しいような道も、ROSSO2より安心感あるような気がします。接地感が掴みやすいのが良いのかな?と思います。グリップ力だけならROSSO2の方があったかも?しれないですけど。

高速も煩くないし、普通に安心して走れました。直進安定性も悪くないと思います。ウエットは皮むき前だったので定かでないですが、グリップ感は伝わって来てたので、水の量が多くなければ問題ないかな?って気はしました。

皮むきが終わったリヤタイヤですがROSSO2よりはTS100はサイドまで使えてますね。そんだけリヤは尖ってないのかな?と思います。

MT-07でブリジストンTS100のインプレッションのリヤタイヤ

 

フロントは全然端まで使えそうにないですね。こちらはROSSO2と同じかな^^;

あとは7000、8000Kくらい持ては、自分の年間走行距離からすると問題なしです。賞味期限が切れる前に使い切れるかな?って感じです。

MT-07でブリジストンTS100のインプレッションのフロントタイヤ

 

ブリジストンTS100を半年利用しインプレッション

ブリジストンTS100に履き替えてから、約半年利用し走行距離は1700K程度利用したのでインプレッションを追加してみます。

冬になりかなり寒い中も走りましたが、温度依存はそこまでしないので、街乗り、ちょい乗りでも、気を使わずに利用でるタイヤです。

朝方利用で外気温が5度を切るくらいになると走り出しで若干グリップ薄いかな?って感じがすることもありますが、ちょっと走れば気にならなくなる感じ程度です。

フルウエットの中を走る機会も、この半年の間でありましたが普通にツーリングペースで走る分には特に問題無かったです。ウエットでもグリップ感はあるので使いやすく感じました。

一番気にいってるのは、フロントを中心に初期旋回してくれて、コーナー後半はアクセス開けてもリヤから曲げてくれる感じで、ずいぶん気持ちよく曲げてくれます。

バイクのショックやセッティング面で改善しているとこもありますが、タイヤのグリップ感と旋回特製は気に入ってるので、他に気になるタイヤが無ければリピートしても良いなと思えるタイヤです。


タイトルとURLをコピーしました