スポンサーリンク

島原・雲仙ツーリング 前編(有明フェリー~島原散策)

ツーリング
スポンサーリンク
スポンサーリンク

島原・雲仙ツーリング 有明フェリーで島原へ

島原・雲仙へMT-07でツーリングへ行って来ました。福岡を出て南関ICを降り有明フェリーの長洲港へ向います。

福岡から長洲港までは1時間半くらで到着です。

有明フェリーで、熊本県玉名にある長洲港から長崎県雲仙市にある多比良港まで有明海を渡ります。

今日はバイク3台 CB400、SZR660と自分のMT-07です。

有明フェリー 長洲港でバイク

 

有明フェリーでMT-07のバイク代と人の乗車料金で950円ほどです。

バイクのフェリー料金は750cc未満だと950円、750cc以上だと1100円ほどです。

船乗り場へ入る際のゲートで排気量を聞かれて、料金を支払う感じです。車検書等を提示する必要は無かったです。

あとは案内に従って乗船するだけです。

有明フェリー バイク代

 

雲仙 多比良港までの船旅は45分ほどです。

どんより曇って、普賢岳も雲の中みたいです。

有明フェリーの甲板

 

島原城へ到着です。施設のお姉さんが撮ってくれました。

バイクも並べて良いということで、3人で記念撮影^^!

島原城にバイクを駐車して、島原散策にでてみることにします。

島原場内の駐車場のバイクの駐車料金は100円です。

島原城とバイク

 

島原名物 ろくべい

ちょっと歩いて、島原名物ろくべいを頂くことに。お店の名前も「ろくべい」です。

郷土料理を食べたくて、「ろくべい」にするか「具雑煮」にするか悩みましたが、インパクト的には「ろくべい」かなってことで、こちらに。

島原 ろくべい

 

これが、「ろくべい」です。

漢字だと、六兵衛(ろくべえ)です。

さつま芋を原料にした、麺料理です。独特の黒い麺と、ほんのり甘味のある麺が特徴です。

自分は素朴で好きな味です。

山かけろくべい

 

ろくべいのランチメニューは、こちらです。

食べたのは山かけろくべい 600円です。

ろくべい ランチメニュー

 

島原 散策

食後に、島原の町中を散策しました。

駐車場の片隅に立派な足湯が、お姉さん達が入ってましたが、今日はバイク装備なので足を出すのも、めんどくさい装備で。。

手湯だけして次に行くことに。

泉質は炭酸水素塩泉です。

島原 足湯

 

鯉の泳ぐまち島原です。アーケードから、ちょっとだけでたとこです。

島原 鯉の泳ぐまち

 

島原湧水 四明荘

近くには無料で入れるしまばら湧水館や四明荘などがあります。

こちらは、四明荘の湧水庭園です。

1日1000トンの湧水量のある池です。水が澄んでて綺麗です。

四明荘の湧水

 

お茶を出して頂きました。無料で見学できたうえにお茶まで頂けるとは、恐縮です。

でも、お茶を飲みつつ、この庭を眺められるのは、ほっとしますねー。

もっと緑が出てくると、綺麗になることでしょう。

四明荘の湧水を眺め

 

裏側もちょっと散策させてもらいましたが、こんな感じです。

島原 四明荘の湧水庭園

 

島原散策マップ

島原散策マップは以下を参考にどうぞ。

地図画像

島原・雲仙ツーリングレポートは後編へ続きます。

タイトルとURLをコピーしました