プレマシー バッテリー交換(Q-85 GLOBATTへ交換方法・費用)

GLOBATT Q-85へバッテリー交換(プレマシー)

プラマシーのバッテリー交換をしました。うちのはアイドリングストップ付きのスカイアクティブなってからのプレマシーです。

すでに6.1万K、約5年半使用で、車検でも要交換と言われてたのを、半年延命しましたが警告灯が付いたりすることもあったので交換することにしました。

バッテリーの型式はQ-85で、結構お高いバッテリーです。

国産メーカー品だとネットでも1.6万程度、カー用品店では3万越えてきます。

自分が選んだバッテリーはGLOBATT[グロバット] Q-85で送料込みでも1万円しない価格設定のバッテリーです。

自分は聞いたことのないメーカーでしたが、アジアでは現在ナンバー2のバッテリーメーカーと言うことですし、評価もそんなに悪くなさそうなので価格の安さに惹かれて購入してみました。

パッケージに日本語が書かれている時点で少し安心してしまう^^;

■今回購入のバッテリー

GLOBATT[グロバット]国産車用バッテリー Q85(Q-85) アイドリングストップ車、ハイブリット車、充電制御車、標準車対応

■国産バッテリーなら

HITACHI [ 日立化成株式会社 ] 国産車バッテリー アイドリングストップ車&標準車対応 [ Tuflong Premium ] JP AQ-85/95D23L

■バッテリーの引取り付きだと、このような商品もあるみたいです。

★送料込★G&Yu ジーアンドユー バッテリー  NP95D23L/Q-85 NEXT+シリーズ 超高性能バッテリー★無料にて廃バッテリー引取★

GLOBATT、Q-85

説明書も日本語で記載されたものが付いていました。基本的なマイナス外してプラス外して取り替える的なことは書いてくれてます。

GLOBATT、Q-85の説明書

値段の割にインジケーターまで付いてるので、ちょっと高級感あります。

グリーンランプを信じて良いかな?とおも思いましたが、取り付け前にテスターで計測しても12Vはでてました。

GLOBATT、Q-85のインジケーター、端子

プレマシーのQ-85バッテリー交換(アイドリングストップ車)

プレマシーのバッテリーを外していきます。

まずはバッテリーカバーを外したとこです。爪で引っかかてるだけなので、簡単に外せます。

プレマシーのバッテリー交換(Q-85)

バッテリー外して付け替えるだけで良いかなとも思いましたが、念の為メモリー保全(バックアップ)と言うことで、電源確保したままバッテリー交換することにしました。

手持ちのブースターケーブルで、軽自動車のバッテリーに繋いでいます。ブースターケーブルを繋げる順はプラス繋いで、マイナス繋ぐです。

プレマシーのバッテリー交換(Q-85)メモリー保全

バッテリーを外します。マイナスをまず外したとこです。

ボルトでとまってるだけなので、ゆるめて抜くだけです。

プレマシーのバッテリー交換(Q-85)マイナス端子

○のとこ2箇所のボルトを外して、バッテリーケースの固定バーを外します。

プレマシーのバッテリー交換(Q-85)取り外し

プラスもボルトをゆるめて抜くだけです。念の為軽く絶縁してます。ブースターケーブルを繋いでるので、この状態でも通電してるので、慎重にやってます。

この後、車体からバッテリーを降ろせば良いだけなのですが、かなり重いです。Q-85は18Kくらいあるみたいですね。

かなり斜めにして、ラバー部分を広げないと、バッテリーを抜くことができなかったです。自分は嫁にも手伝ってもらって、なんとか降ろせました。

バッテリー本体に掴みどころがないので力がない人だと結構辛いかもです。

プレマシーのバッテリー交換(Q-85)プラス外し

降ろしたQ-85(GS YUASA)と、積み込むGLOBATT Q-85の比較です。

端子の位置や、サイズは見た目同じように見えてます。

GLOBATT Q-85は取っ手が付いてるので、バッテリー本体が掴みやすくて載せやすかったです。

純正とGLOBATT、Q-85の比較

端子を外した逆順でプラス→マイナスでつなげて、メモリー保全で繋げてたブースターケーブルを外して、バッテリーを固定してカバーを戻して完了です。

GLOBATT、Q-85のバッテリー積み込み後

エンジンは無事始動しました。時計もリセットされておらず、メモリー保全(バックアップ)もできてるようです。

アイドリングストップも正常に働いてますし、その後200Kくらい走りましたが、問題なしです。

プレマシーバッテリー交換後

あとは、バッテリーの処分ですが、使用済みバッテリーを無料引き取りしてれる所もあるようなので、参考までに。

2018/10/15追記

以下を利用してバッテリーを廃棄しました。申し込むと無料でバッテリーの引き取り日時を指定できました。

あとは宅配便屋さんが自宅まで記載済みの伝票を持って引き取りに来てくれるので、梱包したバッテリーを渡すだけです。

送料、処分費0円! 完全無料!自動車・ディープサイクルバッテリー引き取りサービス!【処分費、送料無料!】100円クーポン進呈!回収・自動車バッテリー・処分・不要・カーバッテリー 廃棄・使用済み40b19l・55B24l・46B24l・75D23l・55D23lその他

関連記事

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする