APEのフロントブレーキをディスク化(フォークオイル交換)

整備・カスタム

APEのフロントフォークを外す

APEディスク化の作業の続きです。前回試乗の結果、ほんとにフォークオイルが入ってるか怪しいってことで、
今回はフォークオイルの交換作業をしました。

先に結論から言いますと、この田中商会さんで買ったフォークには40ccしかフォークオイルが入ってない状態でした。
APE(エイプ)がノーマルで174cc、XR100(モタード)が187ccです。幾らなんでも標準で40ccってのはないと思います。

まずは、フォーク上部のボルトを弛めておきます。フォーク取り外した後だと固定されてないので外しにくいので。
(完全にまだ外しませんよ。)

APEのフロントフォークを外す、作業手順1

 

フォークを外していきます。ノーマルのAPEのフォークの場合、ディスク化(vol2)あたりを参照してください。
あんまり、やることは変わりませんけどね。
バイクをジャッキアップなどした後、写真の所の六角を弛めて行きます。
ちなみに三つ又の下側の穴が、この製品を付けて、無くなってしまったので、フロントのメンテナンススタンドが
使えなくなってしまいました。少々不便ですね。

APEのフロントフォークを外す、作業手順2

APEのフロントフォークを外す、作業手順3

 

ホイールも再度外してください。キャリパを外して、アクスルシャフトのボルトを外しシャフトを抜く手順です。

APEのフロントフォークを外す、作業手順4

 

さーて、フォークが外れました。

APEのフロントフォークを外す、作業手順5

 

APEフロントフォークのオイル交換

フォーク上部のボルトを外します。バネ(スプリング)が出てくるので注意してくださいね。

APEフロントフォークのオイル交換、作業手順1

さて、何cc入ってるのかな~っと。。。。。何度かフォークを伸縮させ、逆さにするも、もー出ない。40cc!?
そりゃ、ダンパーも効かないだろうな。さすがお安い品ですね。
結局、左右共に40ccでした。

APEフロントフォークのオイル交換、作業手順2

 

ちなみにバネ長(スプリング長)は、約50cmでした。
APE100のノーマルが457mm、XR100(モタード)が421mmです。
同じようなフォークに見えますが、中身とか違うんですね。

APEに付けたフォークのバネ長

 

使用するオイルはCBR600RRで使った、KYBのG10S(10号)のオイルです。

APEに利用したフォークオイル、KYB,G10

 

カヤバ(KYB) フォークオイル G10Sの最新価格等は以下を参照ください。

 

油面(オイルレベル)を幾らにすれば良いのかが、この製品の情報がまったくないもので、、、
とりあえずAPEよりフォーク長が長かったので、XR100に合わせて見ました。
XR100(モタード)は油面(オイルレベル)は110mmです。APE100は131mmです。
割り箸に110mmで目印つけて計ります。
一番、フォークを縮めた状態で計測します。結局195ccくらい入りました。
ゆっくりフォークを上下させ気泡を抜いてあげてくださいね。

APEフロントフォークのオイル交換、作業手順3

 

バネですが、ノーマルAPEのバネ同様に、バネの間隔が縮んでる方を下にして
入れ込んでます。

APEフロントフォークのオイル交換、作業手順4

 

この後、保安部品など取り付けて、また試乗したのですが、ダンパーは効きだして。
良い感じになりましたよ。ただ実際にブレーキオイルの交換もやってます。だいぶ怪しいので、、

あと、スピードが1/1.5表示になってます(60Kくらいで40Kでメーターが表示されてる。)
あとブレーキを強く握るとカタカタ感がある感じです。

現状、上記がまだ解決できてなです。
とりあえず、次号はブレーキオイル交換と保安部品取り付けを紹介します。
では、エイプ(APE) ディスク化は、まだ続く!!

APEのフロントブレーキをディスク化(ブレーキオイル交換、ハイスロ取り付け、ウインカー取り付け)
APEに使用したハイスロットル・ウインカー部品等APEのフロントブレーキをディスク化作業の続きです。ほぼ大仕事は終えたのですが、小物の取り付けが残ってます。・ハイスロ(ディスク化に伴い標準スロットルのブレーキ周りが一体式で使用不可なた...
タイトルとURLをコピーしました