バイクのブレーキランプがつかない ブレーキスイッチ交換(NISSIN/デイトナ)

整備・カスタム

バイクのブレーキランプがつかない(ブレーキスイッチ交換)

APE100のブレーキランプの点きが悪くなってきたので、スイッチの接触不良かなと思い調べてみると、この部品が悪いみたいでしたので、交換することにしました。

交換したのは、ブレーキマスターシリンダーの写真で囲んでいるブレーキスイッチの部品です。

横型NISSIN/デイトナ マスターシリンダー,交換した場所

 

NISSIN/デイトナ 横型マスターシリンダーのブレーキスイッチ(品番23257)

APE100に使用しているNISSIN/デイトナ 横型マスターシリンダーのブレーキスイッチを交換しました。うちのAPE100はDISKブレーキ化しています。

買ってきたのは、補修用 横型NISSIN/デイトナ マスターシリンダー専用(品番23257)です。

NISSIN/デイトナ, 横型マスターシリンダー,ブレーキスイッチ

 

横型マスターシリンダーのブレーキスイッチ交換方法

ブレーキスイッチの交換はネジ一本で止まっているだけなので、ネジを外して付け替えるだけです。

ブレーキスイッチに付いている、でっぱりボタンをレバー引くとリリースするような形になっておりランプが点くだけの仕組みです。わかればめちゃ簡単な仕組みですね。

横型NISSIN/デイトナ マスターシリンダー,ブレーキスイッチ交換

 

無事ブレーキスイッチを交換したら、ブレーキランプは点くようになりました。取り外したブレーキスイッチです。

ブレーキランプがつかない原因さえ判れば交換は簡単でした。

取り外した横型NISSIN/デイトナ マスターシリンダー,ブレーキスイッチ

タイトルとURLをコピーしました