ミライースの実燃費(エコ運転を意識して何キロ走る?)
(ミラ イース 2011.11)

ダイハツ ミライースの実燃費方向です。今回は省エネ運転を意識して走らせてみました。コースは福岡市〜佐賀市まで、三瀬峠越えで
福岡市内と佐賀市内を走るコースです。結果から言うと実燃費29K/Lでした。すごいですねミライース。福岡、佐賀を往復して125K走行し、
ガソリンスタンドで4.5Lしかガソリンが入らないのはビックリしました。エコ運転を意識した運転の内容も一応書いてますのでご参考に

11.11 ミライースの実燃費(エコ運転を意識して何キロ走る?)
ダイハツ ミライースの燃費にチャレンジです。この間は雨天でのインプレッション&燃費情報でしたが、
今回はドライの渇いた路面での実燃費方向です。
ちなみに前回も今回も大人2名、子供1名乗車状態での燃費です。

走ったのは福岡(西区橋本付近)〜佐賀(肥前山口)までの約60Kのコースです。
福岡市から三瀬峠を越えて、佐賀市内に入り、263号線から34号線を走るコースです。
佐賀市内では佐賀バルーンフェスタの時期でもあり、少々渋滞していましたよ。

なお、今回は自分で課した燃費チャレンジってことで、自分なりに燃費を気にしたブレーキ、アクセルワークをしています。
簡単に書くとこんな感じです。(実際にどの程度効果があるかは不明ですが、最終的なとこは結果にでてます^^)
・前の状況を予測し、赤信号やコーナーがある場合は、早めにアクセルOFFしてしまう(主に前の車のブレーキや、先読み)
・傾斜を気にしてアクセルOFFやパーシャルに。下り坂だとミライースはすごくスピードがのるので、基本アクセルOFF
・巡航時はなるべく一定のアクセル開度で巡航
・加速時は30Kちょいからグリーン表示になる開度でアクセルをなるべく踏む(他の車の流れをジャマしない程度で)

さて、ミライースのカタログ値は、10・15モード燃費32K/L、JC08モード燃費30K/Lです。
JC08モードの方が10・15モードより、実際の走行に近い燃費計測がされています。
さて、どこまで実燃費で迫れるかな?

福岡市を出発、渋滞を避けて室見川沿いを三瀬に向かいました。
約47K走行で、道の駅大和に到着。ミライースの平均燃費計は27.5K/Lです。
なかなか良いとこいってますね。これから佐賀市内に入るので燃費向上は厳しいかな?
福岡から道の駅大和までのミライース実燃費佐賀 道の駅 大和




イオン佐賀大和へさきほどの道の駅から約5Kの区間ですが、交通量は増えたものの弱下りが効いているのか
平均燃費計は29.1K/Lです。実燃費でカタログ値に迫る勢い。すごいぞミライース。
福岡からイオン佐賀までのミライース実燃費イオン 佐賀


最終報告です。終点は34号線沿いの肥前山口のイオンです。
佐賀市内の263号線、34号線の交通量多いとこや弱渋滞でなんども信号停車しつつ10Kほど走りましたが、
燃費落ちずに29K/Lです。のべ走行距離は62.2Kです。
ミラーイース、アイドリングストップが付いているとはいえ、この街中の信号停車で加減速の多い中燃費を落とさずに走れたのは
すごいですね。ツレからはお父さんがエコ運転がすごいと言われましたが^^
流れを外すほどの鈍い加速とはしてないですよ^^
ちなみにツレが福岡市周辺で平日に運転している限り、実燃費は20K〜21Kくらいみたいですよ。
ミライース実燃費 29K/Lミライースの走行距離
ミライース 夕日のピンク


福岡への戻りは暗くなってしまいましたが、戻って往復125K、燃料補給したところ4.5Lしか入りません。
満タン法で実燃費27.7K/Lですね。帰りは寄り道も何箇所かしたので平均燃費計も落ちて27.0K/Lくらいを指していたので
平均燃費計で実燃費報告は、ほぼ問題ないくらいの誤差みたいです。
雨天走行時の燃費、インプレッションもこちらでしています。

ミラ イースのTOPへ



ミラ イースのTOPへ







RYOKUNO      BIKE        CAR            PHOTO(写真)             ペット(犬・猫)
 TOP         APE100      ミラ イース        旅行記                  パピヨン
             CBR600RR    STEPWAGON      赤ちゃん、子供と宿・温泉        メインクーン
             TZR250R     PLEO            ガーデニング(ハーブとバラ)
             TZR250SPR
             アドレスV100
             VFR800


ミラ イースに関する整備やカスタムについて記載しているページに関しては、できるだけ実際行った作業通りに記載はしておりますが、適切な方法でない箇所や記載誤りもある可能性があります。
参考にされるのはかまいませんが、実際作業される場合はサービスマニュアルやパーツリストなので確認の上、整備されることを御願いします。