ミライース燃費&インプレッション(雨天の高速・街乗り・郊外編)
(ミラ イース 2011.10)

ミライースを納車後、初ドライブしてきました。その時の燃費とインプレッションです。生憎の雨でしたのでウエットでのミライースの
燃費とインプレッションになります。高速、街乗り(市街地)、郊外でそれぞれ乗って見ました。NAですが軽量化や、各種抵抗の削減が
効いているのかスッピード乗りは良いです。燃費は雨天で転がり抵抗が大きくなっていると思いますが22K/Lくらい走ってくれました。

11.10 ミライース燃費&インプレッション(雨天の高速・街乗り・郊外編)
ダイハツ ミラ イースが納車され、初のドライブにでかけてみました。
福岡市を横断する感じでインプレッションです。紹介は街乗りでの燃費計測からになります。
35K走行で、平均燃費計15.4K/Lです。まずまずかな、やや渋滞の箇所もあったので、かなり健闘はしていると思います。
感覚的にはステップワゴンだったら8K/Lとかのコースでしょうね。
自分の感覚的には40K〜50Kの間くらいが、やや不快でした。あまりにノッキングしないギリギリの回転域をキープしている
感じで若干微振動が伝わってきます。60K前後だと、そんなに感じないんですけどね。
バイク乗りなら判る表現で行くと6速のままで40K走行とかで、あーギヤを、もーー一速落とそうかな〜
って感じの所でキープしている感じです。
ミライース 街乗り燃費

次は高速道での燃費&インプレッションです。
乗ったのは福岡都市高速+太宰府IC⇒日田ICの間です。
高速道路は概ね90−100K程度で流して見ました。
雨がかなり降っていたので、タイヤ抵抗的には、かなり燃費をロスしていると思います。
85K走行で平均燃費計は22.0KLです。
この雨で水をばしゃばしゃ、はじきながらの走行で22K./Lもでるんですね。すげ。
車体が低いので高速の安定感は良い感じでしたよ。風切り音も雨で良く判りませんでしたが、そんなしないですね。
静寂性もまずまずでステップワゴン(2世代前)と大差ないかもと思えました。
ハンドルがこの手のママ用車にしては、反応がクイックな感じがしないでもなかったですが。
慣らしが終わるまで全開はしないので加速力は判りませんでしたが
平なとこは軽量化と抵抗を減らしているせいもあって、案外スピードのりも良いし、高速の巡航も悪く無いですね。
やや上り坂くらいまでなら平気。これは上りってくらいの上りになると、やはりややパワー、トルク不足って感じです。
前に乗っていたPLEOのスーパーチャジャー付きでも、そこらへんはややパワー不足と思っていたので
NAのミライースは、かなり頑張ってる気がします。
ミライース高速燃費

高速を降りて、下道走行です。郊外の道路と行って良いのか?微妙ですが
日田⇒小国⇒日田⇒浮羽までのコースでの燃費&インプレッションです。
183K走行で、平均燃費計で21K/Lでした。
軽いワインディング道的なとこも走りましたが、雨天だと絶対グリップ的には、エコタイヤで空気圧も高めに
設定されていますので、ツツツって感じがくるのは早いですね。
サスはやわいですが、この手の車なので悪くないじゃないですかね。
しっかり荷重かけてあげてれば、まずまずな感じで、ダンパーがもーちょっと効いてくれると好みですけどね。
そこらへんを求めるくるまでもないか^^
こんどドライで運転してみたいもんです。
ミライース 郊外燃費

このミライースでの最初のドライブを終えての、給油が13Lでした。
平均燃費計で21.7K/L。ガソリン満タン方による計算で22.4K/Lでしたよ。
晴れたドライの道路だと、これ以上走るでしょうから、やはりミライースの燃費はかなり良いですね。
晴れた日の燃費は、こちらで紹介しています。
ミライースの燃費


ミラ イースのTOPへ



ミラ イースのTOPへ







RYOKUNO      BIKE        CAR            PHOTO(写真)             ペット(犬・猫)
 TOP         APE100      ミラ イース        旅行記                  パピヨン
             CBR600RR    STEPWAGON      赤ちゃん、子供と宿・温泉        メインクーン
             TZR250R     PLEO            ガーデニング(ハーブとバラ)
             TZR250SPR
             アドレスV100
             VFR800


ミラ イースに関する整備やカスタムについて記載しているページに関しては、できるだけ実際行った作業通りに記載はしておりますが、適切な方法でない箇所や記載誤りもある可能性があります。
参考にされるのはかまいませんが、実際作業される場合はサービスマニュアルやパーツリストなので確認の上、整備されることを御願いします。