ミライースにETC取り付け(電源接続編)
(ミラ イース 2011.11)

ダイハツ ミライースにETC取り付けの続きです。三菱のETC「EP-539BD」を取り付けて行きますが、電源はオーディオの
アクセサリ電源から取得しました。ミライースの標準オーディオは10Pのカプラでつながってました。
カプラに割り込ませて、アクセサリ電源を取得しETCへ繋げました。特に問題なくETCへ電源取得できましたよ。

11.11 ミライースにETC取り付け(電源接続編)
ダイハツ ミライースに三菱のETC「EP-539BD」のアンテナ一体型のETCを取り付けの続きです。
ミライースの純正オーディオですけど、ご覧の感じのカプラでつながってます。
トヨタ、ダイハツの標準の10P/6Pカプラみたいですね。リヤスピーカー用の6Pカプラもつながっているみたいなので
オーディオ買い直せば、リヤスピーカーを有効にするのは簡単そうです。(推測ですけど)
ミライースの標準オーディオのカプラ


ETCの電源はオーディオに繋がっているカプラのアクセサリ電源から取得します。
自分のミライースの場合、ご覧の薄茶色の配線がアクセサリ電源でしたので、ここに割り込ませます。
色よりも配線の場所(カプラに刺さってる位置)で確認された方が良いかも、参考にしたミラの配線図では緑/茶と書かれてましたので。
ミライースのETCの電源取得


アースは、めんどくさいのでボディに直接つないでアースします。
オーディオのハマっていた箇所の奥に、写真のようなボルトがあるので、ここに繋げました。
ミライースのETCのアース


これで、一応ETCに正常に電源が入るかキーオンしてみます。特に問題なさげですね。
絶縁や、配線の整理等を行なって、元に戻します。
コードは裏側を通して、運転席側の足元に伸ばしておきました。

ミライースのETC取り付け(配線整理編)に続きます。

ミラ イースのTOPへ



ミラ イースのTOPへ







RYOKUNO      BIKE        CAR            PHOTO(写真)             ペット(犬・猫)
 TOP         APE100      ミラ イース        旅行記                  パピヨン
             CBR600RR    STEPWAGON      赤ちゃん、子供と宿・温泉        メインクーン
             TZR250R     PLEO            ガーデニング(ハーブとバラ)
             TZR250SPR
             アドレスV100
             VFR800


ミラ イースに関する整備やカスタムについて記載しているページに関しては、できるだけ実際行った作業通りに記載はしておりますが、適切な方法でない箇所や記載誤りもある可能性があります。
参考にされるのはかまいませんが、実際作業される場合はサービスマニュアルやパーツリストなので確認の上、整備されることを御願いします。