TZR250R(3XV)整備・トラブル日誌
 (2003年版 エンジン分解4)


TZR250R(3XV1)に関する整備日誌です。失敗の多い日誌ですが、同じ間違いをしないためにも参考になるかもしれません。
内容についてはできるだけ記憶通り書いているつもりですが、適切な方法でない箇所や誤りもある可能性があります。
参考にされるのはかまいませんが、実際作業される場合はサービスマニュアルやパーツリストなので確認の上、整備されることを御願いします。



03.09 エンジン分解4(ベアリング抜き、ウォータポンプバラシ、洗浄)
交換した予備エンジンを分解してみました。続きの続き・・・です。
前回に続き緑野悪戦苦闘中です(;^_^A アセアセ・・・
何時になったら組み立てに入れるやら


前回ケースの中に居残った最後の一つのベアリングを外しにかかります。
貫通してるので、外から叩き抜こうかとやっては見ましたが、抜けませんでした。
結局なかから、プラー使って抜きます。



こんな感じで抜けてきました!!やったー



と言うことで、今度は反対側のベアリング。。。と思ったんですが
その前にウォータポンプをこの際バラシてみます。
良くOCとかで冷却水がミッションの方になんてことを聞きますので、ここのオイルシールくらい交換しとこうかと思います。



まずは側の6角、5個を外します。



こんな感じで外れます。中は写真のような感じです。
これが回って水を送るんですね。



ケースの内側に、サークリップで止められてますので。これを外してください。
サークリップ外すには、スナップリングプライヤがあると便利です。
なくてもできなくはない(緑野は挫折しましたけど)かもですが、1300円で広げる、挟む両方に
対応したスナップリングプライヤを入手できましたので、購入した方がよいと思いますよ。
でも、、また工具代が、、(;^_^A アセアセ・・・
いんだい、これでまた便利になったと思えばさ!!



サークリップが外れると、こんな感じででてきます。
サークリップ、ワッシャー小、大の順ですね。



で、反対側からインペラシャフトが外せます。
こいつが段ヘリしてないことを祈ってたんですが、わずかですがしてます。はー
これ、良い値段するんですよね。8000円くらいです。



それでも持って、中のOILシールを外してください。
これがヘタったり、シャフトの段ヘリがひどくなると、水がケース内に入ってくる仕組みになってます。



こんな感じで外れます。
これでウォータポンプのバラシは完了です。



さて、次はバランサーシャフトの外側のベアリングです。
ニードルローラーベアリングと言う物らしいです。春風さんに教えて頂きました。
まずは写真のようにOILシール外します。



サークリップを外します。さっきのウォータポンプとは逆でこっちは締めて抜きます。
なかなか堅くて、ちょっと抜きつらいですね。



ここらで(-.-)y-.。o○
こんな感じでバラシてるわけです(*^_^*)
ふふ、んなわけないか。
まー、雨にたたられた、ぷちつーなんかも行ってますが、日誌は「がみごろうさん」のWEBに載ってます。



このベアリング、内径がデカイこともあってプーラーが使えませんでした。
内径は25mmくらいです。
28mmくらいのワッシャーとボルト使って抜こうかと思ったんですが、ワッシャーが26mmしか近場で売ってなくて
それでやってみました。
写真に写ってるベアリングは前外した他のところのです。
そいつを足場に埋まってるベアリングの反対側を26mmのステンワッシャで止めて、外しにかかってみました。



こんな感じで、サークリップ+OILシールの厚み分、上へずれました。



まー、こんだけずれたんだから、あとはパワーショットで抜けるだろうと。
スライドハンマーで叩き抜きにかかりました。



結果、、、惨敗(>0<)ワーン
ごらんのように、ベアリングはびくともせず、ステンワッシャーは曲がって抜けてきました。
さすがスライドハンマー!!力は強力らしいい、、、



改良型2号自作工具です。
前のよりちょっとお金かかってまして、26mmステンワッシャーが曲がらないように、2枚重ねへ
んで、上は厚い鉄板(たしか150円位でしたよ)で、これを上の写真のベアリングの上のケースの側に置いて抜こうと考えました。
ちょっと日本語へんですが、、解りますかね??



で、こんな感じで抜けました!!!!
わーーいって感じ。ほんとに。



後は、クラッチケーブルくらいかな外してなかったの、これも外して洗浄しましょうかね。
チェンジシャフトの所に使われているニードルベアリングが実は残ってるんですが、これは純正部品ではクランクケースAssyでしか
入手できないみたいです。
なので、今回はパス!!
もし外す人はどっかから、どっかからベアリングを入手しとく必要がありますよ。



洗浄ですが、ストレートで売ってる以下を使ってみました。



ついでに、100円ショップでタライ買ってきました。
さて、どんくらい綺麗になるかなー



入れてしばらく待つと、こんな感じで溶けてきました。
どのくらい綺麗になったかと言うと、24Hくらい漬けてハブラシでちょっと磨いてみると、
排気ポート、YPVSの穴の油(ヘドロ)が大まかなところ落ちたくらいです。
なかなか綺麗になると思いましたよ。
ついでに手もヌメヌメしてくるので、、、溶けてるのか。。ゴム手袋してやった方が良いかと思われます。
見えない型番なんかが見えてきて、こんなところに文字かかれてたんだって感じです。



ついでに固着して、外したことのない(と言うか外せなかった)YPVSのスペーサを外して見ることにしました。
が、やっぱ外れません。YPVSバルブ本体にキズを入れてしまいそうだったので、
写真下に見えるパイプカッターで細切りにして抜いて見ました。
写真は半分くらいに切って抜いたところ。



と、言う感じで輪切りしまくって抜きました。(;^_^A アセアセ・・・



今回のバラシはこれですべて終了です。
あとは、組み立てだけですが、これまた時間かかるんだろうなー
では、今度は組み立てへ続きます。








RYOKUNO      BIKE       CAR            PHOTO(写真)              ペット(犬・猫)
 TOP         APE100      STEPWAGON      旅行記                   パピヨン
             CBR600RR    PLEO           赤ちゃんと宿・温泉            メインクーン
             TZR250R     LANCER          ガーデニング(ハーブとバラ)
             TZR250SPR
             アドレスV100