CBR600RR 整備・トラブル日誌
 (2005年版 シートカバー)
RYOKUNOのTOPへ CBR600RRのTOPへ

05.11 シートカバー装着
某YAで出品してたCBR600RR用のシートカバーを購入しました。
で、なぜ赤?かと言うと、すでに青がなかった、純正のホンダのカバーも青は品切れ・・・
で、純正でないこのカバーも青は出品されていなかった。
で、中古でたまたま、純正でないこっちのカバーが売られてたので購入。
新品との差額でスプレー缶代くらいでるかなって感じです。

純正でないですが、塗装面はかなり綺麗です。
でも、これを青に塗りますので、あんま関係ないですが、、、



とりつけはと言うと
リヤシートのベルトを外してハメルだけです。
かなり、カバーの方が割れそうで怖いですが、慎重にやれば大丈夫そうです。



で、仮でとりつけてみました。
結構、隙間と浮きがきになりますね。。同色にしても同じかな・・・



今回用意したのは以下の3点です。どれも高い・・
・デイトナ キャンディータヒチアンブルー 定価1260円
・デイトナ サーフェサー(シルバー) 定価1260円
・99工房 ウレタンクリアー(2液混合)



デイトナのスプレーは180mlしか入ってないので、このサイズで使い尽くす感じです。
3度塗って、補修して再度塗りましたが。
最後の2回はこの時期だとスプレーの圧が下がってしまいますので、お湯で暖めながら
塗りこみました。
ここまでは90点くらいのできでした。。。



ブルーを塗って、ここも3回塗って、補修して1回塗りして、まずます85点くらい通過。。
ようはのんびり、あせらずって感じですかね。うすく何度も塗ってく感じです。
さて、で下はクリアまで終わらせたところ。。。曇ってはないけど、結構ぶつぶつ。。
がんばって厚く塗ってやってください。
自分の方は一気に60点くらいのできに。。
ここでは、がんばってコンパウンドで磨けばいけるよなーくらいで。



コンパウンドで磨いて装着。。。
ちとがんばりすぎたのか、下地に傷が、、、うーーん。はー40点ですね。
難しいですよやっぱ。塗装は。。四季にも左右されますしね。夏は曇るし、冬はスプレー缶は圧が
すぐ下がるし。なかなか。
それにしても、やっぱ浮いてますね。
まーもともとあるシートの上にハメテるので、厚み分でっぱるのは当たり前ですかね。。。
下のシートの皮をはずして装着すれば良いかもです。(自分もやってないので、責任は負いかねますが)



ちょっと色合いも濃い目になっちゃいましたね。
やっぱ純正のシートカバー買って、業者に色塗って貰うかな。。。。かなりの値段になりますが・・・
けちるのと満足度との比較ですね。こーなってくると。



後ろからだと、いい感じですよ^_^
とりあえずは、しばし付けておこうかな。。。
どうしても気に入らなかったらお金つんでも、純正+業者塗りにするかもですが、
しかし高いですよね。。純正シートカバー2.1万は。。むむって感じです。








CBR600RRに関する整備日誌です。失敗の多い日誌ですが、同じ間違いをしないためにも参考になるかもしれません。
内容についてはできるだけ記憶通り書いているつもりですが、適切な方法でない箇所や誤りもある可能性があります。
参考にされるのはかまいませんが、実際作業される場合はサービスマニュアルやパーツリストなので確認の上、整備されることを御願いします。

RYOKUNO      BIKE       CAR            PHOTO(写真)              ペット(犬・猫)
 TOP         APE100      STEPWAGON      旅行記                   パピヨン
             CBR600RR    PLEO           赤ちゃんと宿・温泉            メインクーン
             TZR250R     LANCER          ガーデニング(ハーブとバラ)
             TZR250SPR
             アドレスV100