APE100(エイプ) 整備・トラブル日誌
 (2010年版 APE100のキャリパ交換(タイ製))


10.11 APE100のキャリパ交換(タイ製)
APE100のキャリパを交換しました。台湾製?中国製?の怪しいフロントフォークキットに付いていたブレーキキャリパのパットを
取り付けていたピンを、なめてしまったので、まるごとキャリパを交換することにしました。
今度はタイ製のNSR50用の安いキャリパです。なんか純正っぽいケースに入って来ましたが、書いてる文字は何語だろ?
正直、見た瞬間に、せめてタイ ホンダ製くらいの品にすれば良かったかな?と思いましたけどね。値段も倍以上してましたけど。
タイ製 NSR50用 キャリパ


怪しいキャリパ同士を比較です。
作りはほぼ同じみたいです。細部の作りは違うので、まったく同じではないようですが、、
中国製?香港製?キャリパと比較


問題はNSR50用ですので、うちの台湾製?中国製?フォークとはピッチの関係で、そのままでは取り付けられません。
黒い部分のサポートさえ交換すればキャリパ本体のピッチは同じだったので行けそうです。よかった。
キャリパ ピッチの比較


どうやって外すのかな?と思いましたが、このネジさえ外せば、反対側のゴムブッシュ部分は引っ張るだけで
外れました。そんな簡単に外れて良いものか?とか思いつつ。
キャリパ サポートの外し方


前に交換したSBS製のSTREET用のセラミックパッドは2500K走行でご覧の減り具合です。
街中をほぼ走ってストップ&GOが多いとはいえ、減りは速そうですね。
ちなみにAPE100の現在の走行距離は17925Kです。よー走ってくれますね。こいつは。
SBS製のSTREET用のセラミックパッドの減り具合


さてキャリパの交換ですが、ダイジェストで紹介します^V^
今回使用したブレーキオイルはCASTROL SUPER DOT4ってやつです。
ちょっとお高いブレーキオイルだけにDOT4の基準を上回るドライ沸点を達成しています。
カストロール DOT4 ブレーキオイル


マスターシリンダ側のブレーキオイルを全部抜き、ディスクキャリパ側もドレンからブレーキオイルを全部抜いた後、キャリパを外します。
ブレーキオイルは腐食性が高いオイルですので、もしこぼしたらきれいに水拭きなどしてあげてください。(怪しい時はメンテ終了後に水ぶっかけてたが良いかも。)
あと、くれぐれもブレーキオイルの中には水を混ぜないようにしてくださいね。
以前、ブレーキオイルが跳ねた所で拭きもれがあって、カウルの塗装が転々と一部浮いたことがありましたので、、気をつけてくださいね。
ブレーキオイル交換


で、キャリパ本体を付け替えた後、エア抜きして完了です。
エア抜きした後、ブレーキレバーを握った状態でしばし固定しておくと、安全確認&ちょっと良い感触になったり
しますよ。
ブレーキオイルのエア抜き


さて、怪しかったキャリパですが、自分が買った個体は問題なく使用できました。
前のキャリパに付いてたブレーキパッドは酷い鳴きでしたが、こいつは今の所(50K走行くらい)は鳴かないで
良いですね。
また適当な部品で延命してしまいましたが、何時かまともな品に交換したいと思うこのごろです。
宝くじでも当たらないかな〜。


APE100(エイプ)のTOPへ




APE100(エイプ)のTOPへ












RYOKUNO      BIKE        CAR            PHOTO(写真)             ペット(犬・猫)
 TOP         APE100      ミラ イース        旅行記                  パピヨン
             CBR600RR    STEPWAGON      赤ちゃん、子供と宿・温泉        メインクーン
             TZR250R     PLEO            ガーデニング(ハーブとバラ)
             TZR250SPR
             アドレスV100
             VFR800


APE100に関する整備やカスタムについて記載しているページに関しては、できるだけ実際行った作業通りに記載はしておりますが、適切な方法でない箇所や記載誤りもある可能性があります。
参考にされるのはかまいませんが、実際作業される場合はサービスマニュアルやパーツリストなので確認の上、整備されることを御願いします。