APE100(エイプ) 整備・トラブル日誌
 (2007年版 タペット調整(バルブクリアランス調整))


07.07 タペット調整(バルブクリアランス調整)
エンジンからカチカチ音が大きくなってきたような気がしましたので、タペット音かな〜と思い
タペット調整(バルブクリアランス調整)してみました。
4stエンジンは緑野も初めてなので、間違ってる記載あれば指摘して頂けると助かります。

最低用意する物は0.05mm(できれば、その前後も)が計れるシックネスゲージと9mm径のレンチです。
9mmって持ってなかったの、専用のタペット調整の工具買ってしまいました^〜^



燃料コックをOFFにして、燃料ホースを外します。



それからタンク外します。写真のボルト外して後ろにひくだけです。



Lクランクケースカバーを外します。
5カ所ボルトで止まってますので、全部外してください。



シリンダーヘッドカバーのボルトを外してください。2カ所です。



裏側はこんな感じですので、考慮して外してください。



中はこんな感じです。



キック蹴って、どんな感じで動くか観察です。。おお、こんな感じか〜。。みたいな。
セルがあるともっと動き見れて面白いんでしょうけどね。



フライホイールのTマークと合わせ位置が合う箇所までフライホイールを反時計回りに回します。
(クランクケースカバー外してでてきた所のことです。)



上の状態でカムスプロケットの○マークが、シリンダヘッドの上面に対して垂直になっていることを確認してください。
なってない時は再度、フライホイールのTマークと合わせ位置が合う箇所までフライホイールを反時計回りに1回転回します。



タペット(バルブクリアランス)を調整します。
IN:0.05mm(+−0.03mm)
EX:0.05mm(+−0.03mm)
ロックナットを緩めて、間にシックネスゲージを差し込みます、アジャスタースクリューを締め込み
シックスゲージが少し重く抜けるような所でロックナットを締め込み固定してください。
ロックナットの規定トルクは10N/m(1.0kgf/m)です。



最後にシリンダーヘッドカバーを取り付け完了です。
規定トルクは12N/m(1.2kgf/m)です。



では、やったかいがあったか音を聞き比べてみます。
タペット調整す(バルブクリアランス調整)する前の音です。



タペット調整(バルブクリアランス調整)した後の音です。幾分、カチカチ音に関しては音が小さくなったような緑野は感じでますけど。。。
気のせい?^〜^



APE100(エイプ)のTOPへ




APE100(エイプ)のTOPへ












RYOKUNO      BIKE        CAR            PHOTO(写真)             ペット(犬・猫)
 TOP         APE100      ミラ イース        旅行記                  パピヨン
             CBR600RR    STEPWAGON      赤ちゃん、子供と宿・温泉        メインクーン
             TZR250R     PLEO            ガーデニング(ハーブとバラ)
             TZR250SPR
             アドレスV100
             VFR800


APE100に関する整備やカスタムについて記載しているページに関しては、できるだけ実際行った作業通りに記載はしておりますが、適切な方法でない箇所や記載誤りもある可能性があります。
参考にされるのはかまいませんが、実際作業される場合はサービスマニュアルやパーツリストなので確認の上、整備されることを御願いします。