タント HID交換取り付け(H4リレーレスのHIDが取り付け方法)

タントをHIDキットへの交換

タントのバルブをHIDへ交換しました。

使用したのは3000円もしない、X-ZONE HIDライト H4リレーレス 極薄安定型HIDヘッドライトキットです。

H4のHi/Low切り替えはスライドタイプと上下切り替え式があるようですが、スライドタイプを選択しました。

調べた限りでは上下切り替え式の方がカットラインが綺麗にでずローでもまぶしくなるような事象が発生する品が多いようです。

色温度は真っ白で明るく見える6000Kにしてます。純正HIDは4000~5000Kくらいの色温度です。

55WのHIDもありますが、明るすぎて対向車へ迷惑がと言うことと、35Wの方が安くて十分明るいのでと言うことで、今回は35Wを選択しています。

XZONE 極薄安定型 HIDキット H4 スライド式 リレーレス 35W 極輝型バルブ 6000K 交流式 快速点灯 ヘッドライト/フォグランプ対応 3年保証

タントに付けたHIDキット(リレーレス)

簡単な日本語の説明書も付いてます。

リレーレスですので、接続はH4バルブに元々刺さっていたコネクタをHIDキットに繋げるだけです。

リレーありだと、も~少し配線がたいへんになりますが、HIDの光が安定していると言う話は聞きます。

自分はリレーレスしか使ったことないです。何時も取り付けの簡単なリレーレス使ってます。

タントに付けたHIDキット(配線図)

ノーマルH4バルブの外し方

まずはバッテリーのマイナス端子を外してから作業された方が安全です。

それからノーマルのH4バルブを外します、ボンネットを開けヘッドライト裏に繋がってる写真のカプラを引き抜きます。

タントのH4バルブ外し方

ゴムカバーを外して、写真の針金状のクリップをズラすとロックが外れて、H4バルブを取り外せます。

タントのH4バルブ外し方

HIDキットの取り付け方

HIDのキットを取り付けていきます。電球部分とカバー部分を分離します。かなり硬かったですが、ねじるだけで外れました。

タントに付けたHID

先にカバー部分だけを、H4バルブ取り付けと同じ要領で嵌めて、クリップで固定します。

外から覗いた時の向きは、この方向になってます。

タントに付けたHID

ゴムカバーを嵌め、HIDのバルブ本体をねじ込んではめ込み、HIDのバルブ本体の取り付けは完了です。

タントに付けたHID

後は最初に載せていた配線図通り線をつなげれば良いだけなので、それほど難しいことはないです。

このカプラだけ+/-の表記が黒い方にも赤い方にもあるのですが、逆さまに刺さないとライトが点きませんでした^^;

タントに付けたHID

HIDの明るさ比較レビュー

片方だけHIDにして純正のハロゲンランプと比較です。

まずは、ハイビーム状態で比較です。色温度以外、明るさ自体はそれほど変わらないような気がします。

タントのHIDと純正バルブの明るさ比較レビュー

ロービームの状態でのHID/ハロゲンランプの比較です。HIDもちゃんとハイ/ローは切り替わっているようで良かったです。

ローはHIDの方がかなり明るく感じます。

実際運転した感じはノーマルハロゲンよりは、そこそこ明るくなったように感じるので、効果はあったと思います。

タントのHIDと純正バルブの明るさ比較レビュー

HIDバラストの固定位置

HIDのバラストの固定ですが、タントのエンジンルーム狭いので、あまり場所がありません。

左は、この位置に取り付けてます。もしかすると場所を移動するかもしれませんが。

このX-ZONEのキットにはバラスト取り付けようのステーも付いてましたので、別途ステーを用意する必要はありませんでした。

タントのHIDバラストの取り付け位置

右側は、この位置に取り付けました。左寄りは場所が選びやすかったです。

タントのHIDバラストの取り付け位置

関連記事