タント購入 室内空間や燃費などインプレッション

ダイハツ タント購入 諸元情報やミライースとの比較

購入したダイハツ タントです。3年ちょっと落ちで2013年式の一世代前のL375S二代目タントの最終型のタントです。

グレードは一番安価モデルのLです。イーステクノロジーのフィードバックを受けてマイナーチェンジされており、燃費はJC08で25K/Lです。

前乗っていた初期型イースが燃費がJC08で30K/Lでしたが、車重が約200Kも重い920Kですし空気抵抗もかなり違うでしょうから、かなり頑張った燃費だしてくれてると感じます。

エンジン自体はミライースと基本同じKFエンジンが積まれてます。

■車体スペック
型式:DBA-L375S
乗員定員:4名
全長×全幅×全高:3395×1475×1750mm
室内長×室内幅×室内高:2160×1350×1355mm
タイヤ:155/65R14
車両重量:920K

■エンジンスペック
エンジン型式:KF
最高出力:52ps(38kW)/6800rpm
最大トルク:6.1kg・m(60N・m)/5200rpm
種類:水冷直列3気筒DOHC12バルブ
総排気量:658cc
内径×行程:63.0mm×70.4mm
圧縮比:11.3
燃料タンク容量:36リットル
JC08モード燃費:25.0km/リットル

■安全装備
運転席エアバッグ:標準
助手席エアバッグ:標準
サイドエアバッグ:ー
ABS(アンチロックブレーキ):標準

タント、L375S

譲ってもらった時点の走行距離は14461Kほどです。とっても快調な車両でダイハツディラーのメンテナンスパックに入ってた車両なので安心ですね。

タント、L375S走行距離やメーター

タントの室内レポート

L375Sタントの車内の紹介です。フロントはミライースに比べると、バンって感じのポジションで足が真下に降りつようなポジションになるので、好き嫌いはあると思います。

タント、L375Sのハンドル周り

タントの後ろは、ほんとに軽自動車かと言う広さですね。ダイハツやスズキは、さすがに軽自動車のスペシャリストだけあって空間を作り出すのが旨いですね。

タント、L375Sの室内空間

実際にリアシートに座ってみると、この状態です。足組んで座っても余裕な感じです。

広さだけならクラウン超えてるんじゃないですかね。まー質感乗り心地は比較すべもないですが。

ただミライースのリヤシートに比べると、かなり乗り心地いいです。初期型ミライースはヘッドレストさせなかったので、それがあるだけでもうれしいです。

タント、L375Sのリヤシート空間

タントの収納力について

リアのハッチバックを開けたところです。この状態でもちょっとしたバックくらいなら載せられそうです。

タント、L375Sのリヤの収納力

タントのセカンドシートはほぼフラットに折り畳むことができるので、自転車も余裕で積めますね。

上手く詰めば2台のるかもですね。さすがに自分のバイク(700cc)は詰めないかなって感じですが。

タント、L375Sに自転車を積んだ

フロントの小物入れも多数で収納力は抜群です。メーターがセンターメーターになっているので、ハンドル前にまで収納BOXがあります。

タント、L375Sのフロント収納力

タントの装備 Lグレード

タントの一番ベースグレードのLですが、電動ミラーやリヤワイパーは付いてます。

一つ上のクラスのXとの大きな違いは、エアコンがマニュアルであることと、パワースライドドアの違いですね。

パワースライドは子供も居るし欲しいとこですが、さすがに後付けは無理でしょうね。

タント、L375Sのドアスイッチ

タントのエンジンルーム

タントのエンジンルームです。良くこれだけコンパクトに詰め込んだものだと関心しました。

バッテリーも交換したばかりですし、ノーメンテでしばらく乗れそうです。

タント、L375Sのエンジンルーム

タントの初期インプレッション

タントを20K程度ですが、郊外をお試し乗りしたした時の燃費は19.5K/Lほどでした。

自分がミライースにのって郊外を走ったら24K/Lくらいでしたので、概ねカタログ値くらいの燃費差ですね。

乗った印象はCVTの味付け等も、イースと同じような感じで上手くスピードのせていってくれます。さすがに重量があるのでイースに比べると若干伸びが遅い感じです。

でも、おもったよりは走ってくれる感覚で、軽で大きな車体でNAエンジンなので、さぞトロイかな?と思いましたが、普段使いをこなすのには、そこまで重い感じもしないです。

遮音性もミライースより良いみたいで、だいぶ静かに感じます。何よりリアシートに乗った時は快適な軽自動車ですね。

ハンドリングも普通に走った感じでは、ゆらゆら揺さぶられる感じは、それほど感じずにコーナーを曲っていってくれました。もっとロール感があるかと思ってましたが、なかなかな上手く作ってます。

タント、L375Sの実燃費

関連記事

コメント

  1. ワル猫です より:

    軽自動車でもパワースライドドア(上級グレード)ってすごいですよね。
    もちろん、お値段も高いでしょうが、今回はご親戚からってことで
    リーズナブルだったんでしょうね~

    燃費も19ですか、そりゃいいですね~
    我が家にもムーブありますが、かなり昔のやつで14ぐらいですよ。
    やっぱり重さかな~

    軽自動車といえどもハイト系は広々していますからね。
    しかし自転車が入るとは驚きです・・・

  2. ibuki より:

    ワル猫さんへ>
    こんばんはー
    軽自動車でもパワースライドドアも、ほとんどの車種標準になってるのかもですね
    こいつが一番下のグレードで、一個上のクラスからは標準だったみたいなので。

    燃費今日、中間まで片道60Kを燃費チャレンジしてみましたが
    24.6K/Lでした。大方カタログ値だせましたよ。
    だいぶ気をつかった走りですけどね。

    ハイト系、室内広々ですが、さすがに高速のUP/DOWN系は苦手ですね
    イースよりだいぶ、踏み込まないと走らないです。