プレマシーのリヤダンパーとバックカメラを交換(リコール対応)

プレマシーのリコールでリヤゲートのダンパーを交換

プレマシーのリコールでリヤゲートのダンパーを交換してきました。交換作業自体は30分ほどでした。

写真は対策品に交換後のダンパーです。

リコールの内容は以下になります。対象車種かはマツダのWEB等でご確認ください。

リヤゲートのガス封入式ダンパーステーにおいて、外筒のエンドキャップ部の塗装が不適切なため、塩害地域の塩分の影響で腐食することがあります。そのため、そのままの状態で使用を続けると、腐食が進行し、外筒が膨らみ、エンドキャップが割れ、リヤゲートを開く際に外筒が破裂し、最悪の場合、周囲の人が負傷するおそれがあります。

プレマシーのリコールでリヤゲートのダンパーを交換

プレマシーのバックカメラをサービスキャンペーン対応で交換

合わせてバックカメラの曇りもサービスキャンペーン対応で交換して貰いました。自分ではあまり気になってませんでしたが、交換したら写りが鮮明になって、かなり曇ってたんだなと思いました。

写真は対策品に交換後のバックカメラです。

サービスキャンペーンの内容は以下になります。対象車種かはマツダのWEB等でご確認ください。

車両の後方を確認するバックカメラにおいて、レンズ表面のコーティングが不適切なものがあります。そのため、洗浄剤や雨水などに含まれる酸でコーティング剤が浸食され、そのまま使用を続けると、レンズ本体も浸食して白濁化し、バックカメラの映像が徐々に鮮明に映らなくなるおそれがあります。

プレマシーのバックカメラをサービスキャンペーン対応で交換

関連記事

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする