長崎 鷹島ツーリング(道の駅で海鮮丼・水中ダム)

長崎 鷹島ツーリング

長崎県鷹島のツーリングレポートです。長崎県福島から福島大橋を渡って佐賀県伊万里、佐賀県唐津市を経由して、写真の鷹島肥前大橋(たかしまひぜんおおはし)を渡って長崎県鷹島へ向かいます。

写真は鷹島に渡る手前を下ったとこにある港から撮っています。鷹島肥前大橋は全長1251mで2009年に完成した橋です。自分も初めて渡って鷹島へ向かいます。

鷹島肥前大橋とバイク

鷹島 道の駅「鷹ら島」で食事

鷹島肥前大橋を渡ってすぐの道の駅「鷹ら島」で食事にすることにしました。地魚を使った海鮮丼(漁師めし)を食べるつもりで来ましたが、鷹島ちゃんぽんや、まぐろ丼も惹かれますね。

マグロは長崎県松浦市鷹島沖で養殖されているそうです。鷹島産のマグロ丼です。

冬期の10月から3月は鷹島とらふぐ定食もあります。こちらも鷹島でとらふぐの養殖がされているそうですよ。ふぐ刺し、ふぐの唐揚げ、刺し身、ご飯、吸い物、茶碗蒸し、煮付け、小鉢で2600円は、こちらもコストパフォーマンス良さそうなので、また冬でも来てみようかなと思いました。

鷹ら島の食事メニュー

食べたのはやっぱり「おとこめし」にしました。1050円で吸い物や小鉢もついた海鮮丼でお得感があります。

たっぷりの地魚のお刺身に甘辛のタレをかけて頂きます。1500円の「おとこめし(上)」だと、サザエと茶碗蒸しが付いてきます。

島においしい魚と食べに来てくださいと言う願いをこめた丼だそうで、魚(うお)の「お」、島(とう)の「と」、来(こい)の「こ」で「おとこ飯」と名付けたそうです。

たしかに美味しいコリコリしてました。これで1050円だとやっぱりお得に感じますね。福岡だと糸島の塚本鮮魚店の特上海鮮丼1000円もコスとパフォーマンスいいですけどね。

鷹ら島の海鮮丼「おとこ飯」

鷹島海中ダム

お腹を満たして、鷹島内をテケテケ ツーリングしてみます。鷹島の大きさは約16.36平方kmです。福島より若干小さいくらいですが、福島が島を周回するように道路があったのに対して、鷹島はメインの道路がT字的に島の中央をモンゴル村方面と反対側の港に向けて1本道が通っているような感じです。橋からT字の両端まで探索して走って往復したとして25Kくらいの距離です。

鷹ら島の道の駅から、それほど遠くないとこにある、鷹島海中ダムに立ち寄ってみました。鷹島海中ダムは本土に比べ貯水できるような場所が無く河川もすくないため、平成6年に入江を締め切り淡水化を図った海中ダムを完成させ、鷹島内の農地に給水しているそうです。

写真の左側で水位が高いのがダム、右側で水位が低いのが海です。

鷹島海中ダムとバイク

鷹島海中ダムの下側は、ご覧のような絵が書かれてました。

鷹島海中ダムとバイク

鷹島 散策ツーリング

鷹島を散策ツーリングしてみます。モンゴル村方面に進むと、阿翁漁港(あおう)です。緑と漁村が良い感じだったので、ちょっと寄り道しました。

鷹島、阿翁漁港とバイクツーリング

そこから少し進むと白浜海水浴場です。それほど大きなビーチではないですけど、風車と良い感じでした。更に進むと道が細くなりモンゴル村に到着します。

鷹島、白浜海水浴とバイクツーリング

モンゴル村と反対側の道も、脇道に抜けて海岸線を走ってみたりしました。バイクだと道路をそれほど気にせず探索できるのが良いとこですね。

鷹島を後にして、呼子ツーリング(加部島の牛・玄海原発・台場の湯)へツーリングは続きます。

鷹島、散策ツーリング

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする