MT-07 チェーン交換(EK 520SR-X2 メタルレッド)

MT-07のチェーン交換 準備

EKのチェーンです。長年バイクを乗っていてDIDやRKも使って来てますが、前回VFRで初めてEKのチェーンを使用してみて、チェーンノイズがすごく少なく気に入っていたので、MT-07でもEKのチェーンを選択してみました。MADE IN JAPANのチェーンです。

EK 520SR-X2の謳い文句は以下です。

-------------------

EK独自のQXリングは、Oリングチェーンに比べ50%フリクションを減らし、しかも50%耐久性を増しています。
特長
・長寿命を保証するソリッドブシュ
・高耐久ソリッドローラ
・四方かしめピン
・特殊合金プレート
・軽量化のための内プレート穴採用
・特殊PTFEグリースは粘着力に優れ、耐摩耗性向上に貢献

-------------------

準備したのは以下です。

・EK COLOR CHAIN METAL RED 525SR-X2 適合排気量250cc-900cc

・南海 H型 チェーンカッター 3WAYツール(自分の物は、かなり前に購入した物です。)

EK(イーケー) QXリングシールチェーン 525SR-X2 シルバー 110L 【カシメジョイント】

ナンカイ(NANKAI) H型 チェーンカッター 3WAYツール(520、525、530(50)、532専用)【ガンメタ】 5151G

EKチェーン赤、チェーンカッター

MT-07 チェーン交換作業

チェーンカッターで、チェーンを繋いでるピンを抜きます。基本的には南海のチェーンカッターの取扱説明書に載ってる通り作業するだけですので、詳細割愛します。

グラインダーでもチェーンを切ることはできますが、個人的な感覚ではチェーンカッターでピン抜いた方が早くて楽に思います。

お決まりですが、適切でない手順やご記載等がありましても、当方責任を負いかねますので、各自自己責任で作業されてください。

MT-07チェーンカッターでチェーン切断

新/旧のチェーンを仮で繋いで、ギヤをニュートラルに入れてチェーンを引っ張って、新旧チェーンを入れ替えます。

EK 520SR-X2のチェーンも1コマカットして109Lにしています。(スプロケットを43丁⇒45丁にしたため。チェーンも標準の108L⇒109Lにしました。)

P1030644

入れ替えたチェーンを繋ぎます。Oリングを間に挟んでプレートを圧入し、でっぱりをカシメて完了です。

南海 H型 チェーンカッター 3WAYツールは圧入もカシメることも、このツールだけでできます。

こちらも、チェーンカッターの取扱説明書に載ってる通り作業するだけですので、詳細割愛します。

ゲージが付属してますので、カシメ量が適切かも確認できます。このゲージより大きく広がっており、割れ等なかればOKです。

EKの場合、スクリュージョイントと言ってカシメなくてもOKで特殊工具が不要なジョイントもあります。ただ赤は無さそうなので、今回はパスしてます。

EK(イーケー) QXリングシールチェーン 525SR-X2 スチール 110L 【スクリュージョイント】

P1030647

最後にチェーンのたわみ量を調整して完了です。

チェーンたわみ量の調整はMT-07に付属の取扱説明書(P6-11)に手順が載ってますので、詳しくはそちらを参照ください。

ドライブチェーンのたわみ量は51.0-56.0mmの間です。チェーンが初期伸びを考慮して51mmで調整してみました。

P1030653

また、MT-07のリヤスプロケットの交換手順は、こちらを参照ください。

EK 520SR-X2 メタルレッドのチェーンインプレッション

チェーン交換終了です。金や銀、ブラック等の色のチェーンも考えたのですが、黒や銀はあまり目立たないし、金はありきたりかな?って思いメタルレッド(赤)のチェーンにしてみましたが、なかなか派手ですね。スプロケも派手になったのでシルバーメッキくらいのチェーンでも良かったかもと思いますが、まーひと目で変えてると判るので良いことしましょう^^;

チェーンを交換して300Kばかし、町中、ツーリング、高速などで使用しましたが、純正のチェーンに比べかなり静かですと言うか、ほぼチェーンノイズは聞こえなくなりました。

高速では、え急にチェーンの音がすると思ったら、追い越し車線を抜いていく隣を走るバイクの音でした。自分のチェーンの音が聞こえず、隣のバイクのチェーンの音が聞こえるのかと関心しました。フリクションの違い等まで判らないですが、子供とタンデムでも150K程度は走ってますが、全然問題なしです。

lr249-

関連記事:

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする